読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたかた日誌

好きに、書いてます。

ミーワムーラ四国・関西ツアー記録4

また帰って来れた幸せ。

マスターみっちゃんが毎回あたたかく迎え入れてくださる滋賀高島アリビオさん(4/21)。いつも囲んでくださる皆さんがあたたかで、おかげで良い空間に包まれて、のびのびとした時間を過ごさせていただいております。

まさかの嬉しいことに、コタイチさんの演奏の一発目に、ミーワムーラのカバーが来るなんて!ほんとに驚きました。普段、人にカバーしてもらうことがあまりないのもあるし、それよりもこの場で、目の前で、演奏してくれている現実に、嬉しさと感動で胸が熱くなりました。音楽に対する情熱と、挑戦する心構えに、大変刺激を受けました。

ミーワムーラのアンコール最後に、そのカバーしていただいた「夕凪の坂道」という曲を歌わせていただいたのですが、コタイチの皆さんにカバーしていただいたことが響いて、今までと景色が変わったように感じました。それは自分の中だけの問題ですが、とても心地良いものに変化する瞬間がありました。そんな景色を観させてくださったこと、この曲に対する気持ちを変えてくださったこと、本当に感謝の気持ちです。ありがとうございました。

はじめましてのKIKKOさんには、揺るぎない芯のある歌とギターに勇気をたくさんいただきました。ふたごの妹さんとのハーモニーも、子守唄のようで素敵でした。今西太一さんの曲をカバーされていたのですが、この曲をこんな風にアレンジして歌うなんて!と大変感銘を受け、村重さんなんて、その太一さんの曲をカバーするKIKKOさんのカバーしようかなぁ。とか、ややこしいことを言い出しました。笑!いや、そのぐらい響きましたよね。

っていうか、また村重ソロアピールかい!!!笑

 

マスターみっちゃん、コタイチのみなさん、KIKKOさん、高島の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました!

 

 

ミーワムーラ四国・関西ツアー2017、関わってくださった皆さま、本当にありがとうございました。もっともっと精進して、また帰って来れるように、一つ一つ整理しながら励んでいきたいと思っております。

またお会い出来る日まで、お元気で。

f:id:miwasugawara:20170428171618j:image

 

 

菅原ミワ

 

 

 

 

 

ミーワムーラ四国・関西ツアー記録3

はじめましての和歌山 bar BRUTEさん(4/20)は、マスターもお店も不思議とスーっと入り込める感じが、すぐに好きになりました。とっても居心地がいい、と思ったら、カウンターのイスの足がガスパイプだったり、座敷の足も単管パイプ?だったりで、とっても個性的でした。笑

急遽、ご共演くださった珍宝(ペニー・スー)さんのストリップワールドにどっぷり入り込みながらスタートし、皆さんにあたたかく囲んでいただき、とても幸せな時間を過ごしました。

和歌山のASAKOさんは、チラシを作ってくださったり、たくさん告知してくださったりと、私達を迎え入れる準備を一生懸命してくださっていて、何から何まで本当にお世話になりました。とっても嬉しい感謝の一日になりました。

2回目の和歌山、やっぱり好きです。

f:id:miwasugawara:20170427204458j:image

ベレーボーズで記念撮影。

兎さんからプレゼントしてもらったベレー帽を本人の前でやっとかぶることができました。あたたかくなってきたからギリギリセーフ。

以前、兎さんのベレー帽を勝手にコソコソと装着してるところを目撃されてから、まさかの贈り物として届けてくれるなんて!なんだか要求してしまったみたいで。。

まるで、私のあしながおじさん!あ!おにいさん、か!!笑   本当に足が長いと思います。

これからも大切にします。

f:id:miwasugawara:20170427201550j:image

マスターにも何から何までお世話になって、マスターの経営されているボクシングジムで、3人とも寝させていただきました。神聖な場所ではあるけれど、さすがにこの場所に興奮せざるを得なく、それぞれがそれぞれにふざけました。すみません。。

f:id:miwasugawara:20170427201607j:image

寝起きの別れ。この時はいつも名残惜しくなります。来月奈良でまた会えるけどね。笑

兎さん、貴重な3日間をありがとうございました!

photo by ASAKOさん

 

 関わってくださった皆さま、本当にありがとうございました。ペニーさん、またお会いできますように。また小名浜の話しましょう!

マスター、またお会いできる日まで、お元気で。

お世話になりました。

 

つづく…

 

 

菅原ミワ

 

 

 

 

 

 

ミーワムーラ四国・関西ツアー2017 記録2

初めましての兵庫神戸HAPPY LAURA(ハッピーローラ)さん(4/18)は、素敵なママさんのいる素敵なお店でした。音の響きもとても良かったです。

この日から3日間ご一緒させていただく山田兎さん。再会を待ち望んでおりました!それから初めましての長島寛さん。ご共演ありがとうございました。またどこかでお会いできますように!

f:id:miwasugawara:20170420114711j:image

なんかこの絵。子供の頃、母親からこんな風に赤いゴムで髪を縛られてた時期あったっけな。しかもオーバーオール!

f:id:miwasugawara:20170419163348j:image

谷村新◯さんみたいな顔のギター。(失礼)帰り際、ちょっと持ってみて!と言われ、自分のギターを背負ったまま、パシャリ。まん◯ろさん、ありがとうございました!

 

小さな可愛らしい公園が側にある駐車場で車中泊。翌朝、車のワイパーのところに黒い紙袋が挟んであることに気づき、まさか爆弾じゃないか!?、と恐る恐る覗いてみると、とっても心温まるものが入っておりました。ハッピーローラのなつきママさんのお手紙と手作りおにぎり。涙でました。お手紙に書いてありましたが、ぜんぜん冷たくなんかなく、むしろぽっかぽかに温まるぐらいの幸せのおにぎりでした。なーっんて素敵なんだろう。なつきママさん、本当にありがとうございました。お世話になりました!

f:id:miwasugawara:20170419163400j:image

 

 

そして、山田兎さんとの2日目は、お馴染み京都祇園フォークソング café 明日(メイビー)さん(4/19)。思わず、ただいま!と言ってしまうほどの帰ってきました安心感。

マスター、みやびさん、いしさん、まさよさん、温かく囲んでくださるお客さんに包まれて、幸せな時間を過ごさせていただきました。

兎さんのステージも終盤ぐらいになったところで、村重さん、今度は俺ソロで歌いに来させてくれ!!、と叫びだしました。笑。ソロ活動を経ての四国・関西ツアー、ちょいちょい村重ソロをアピールし出してます!それなら菅原もソロで歌わせてください!!、とか思わず。そしたら兎さん、ほんなら次はスリーマンやね!!笑。

そんなやり取りもありつつ、このメイビーさんでしか創り出せない空間に浸りながら、あっと言う間に時間が過ぎていきました。

そして、さすがに4日目の車中泊は、足を伸ばして寝れない状況の村重さんにもそろそろ負担が掛かってきたところで、メイビーさんの座敷のところで寝かせていただけることになりました。とっても助かりました。自分たちが歌わせていただいた場所で寝るということは、今まで結構ありましたが、やはりなんだか良いものですね。好きです。

f:id:miwasugawara:20170420113554j:image

酔っ払って自分のギターを兎氏に持たせる村重氏。笑

 

そう言えば、最後に兎さんのステージのアンコールをご一緒させていただいたとき、なぜか村重さんが弾き語りはじめました。それを兎さんと私がステージ上で聴く、という不思議な流れ。笑。どこまでも優しい兎さん。友達の歌をうたいます、と言って竹原ピストルさんの「ドサ回り数え歌」を歌ってました。なかなか良い感じでしたが、最後の最後にむせって終わる、という、、さすがですね。笑

 

って村重さん!なんかちょいちょい村重ソロアピールしてません!!?しかもよーく考えたら、人のステージのアンコールの時間に弾き語りアピールしてるし!笑!やるなら全面的に応援しますからね!!

 

皆さん、関わってくださって本当にありがとうございました。

 

 

 

◎おまけ   注)少し汚い話

 

翌朝ひとり車に戻ると、もの凄くでっかいう◯こが駐車場敷地内にあって、しかも思いっきり踏んづけた後がありました。夜だと絶対気づかない場所だし、それの道筋ができるくらいでっかいものでしたから、踏んだ人かわいそ〜に、とか思いながら、ひとりミワ散歩。いつも気になっていた小さな公園のベンチで優雅に朝のコーヒー。村重さんも起きて車に向かうと連絡をもらい、村重さんがそれを踏まないように教えてやろうと、迎えにいこうとした時、ふと、待てよ、自分が踏んでないよな、と頭によぎって、革靴の裏をみると、ゴムの隙間にビッシリ入り込んだそれが…!!うわー!!気づくの遅ーーー!!

もー楽しくなって、はやく村重さんに報告したくて、ルンルン気分で迎えにいきました。笑

みんなで同じ道を通って、なんで菅原だけ踏んだんだろう。(メイビーさんにご迷惑をお掛けしてないかが不安。。駐車場との距離も結構あるし、たぶん大丈夫かなと。。汗)

3人とも風呂に入ってないから、汚さのレベルが一緒だけど、う◯こを踏んだ私だけ、3人の中で1番汚いとか、兎さん!MCで話すのやめてもらえますー!!笑!!

兎さんも本当は踏んだんでしょ!!?笑

きちんと綺麗に洗いましたよ。

 

スガワラ、ヤラカス。

 

つづく…。

f:id:miwasugawara:20170420125934j:image

 

 菅原ミワ

 

 

 

 

 

 

 

ミーワムーラ四国・関西ツアー2017

ミーワムーラのファッションリーダーむらしげ(ファッションセンターし◯むら、みたい)から、早速ファッションセンスをダメ出しされながら、朝4時前にいわきを出て、四国へ出発!ミーワムーラ四国・関西ツアーのはじまりです。

f:id:miwasugawara:20170417164245j:image

前乗りして、愛媛松山道後にある鶴さんご夫妻にお世話になりました。夜は、前回2年以上前に歌わせていただいた三津浜サンジャックさんのところに連れて行ってもらい、美味しいごはんとお酒をいただいて、長い道中の疲れを癒していただきました。サンジャックさんのマスター、ママさんに再会できたこと、とっても嬉しかったです。飛び抜けてる美味さのお料理をご馳走さまでした!

 

地元でもお花見なんて余裕はなかったのですが、晴れた翌日、鶴さん邸のベランダでお花見しながらリハーサルと練習をしました。丁度、桜の花びらが散って、足元を流れていく感じがとっても綺麗でした。

f:id:miwasugawara:20170417164802j:image

四国1日目は、初めましての愛媛松山JAZZ IN GRETSCH(ジャズ・イン・グレッチ)さん(4/15)で、前回もお世話になって、大好きなキコリッシュさん、鶴さんとベースのはっちんさん。TAMATAMA☆カンタービレのタブさんとまるさん。ご共演を本当にありがとうございました!ご来場の皆さま、温かく囲んでくださり、ありがとうございました。マスター、雅子さん、ひろゆきさん、お世話になりました。

キコリッシュさんの歌が、ミーワムーラ大好きなんですね、もっと聴きたかったなぁ〜。愛媛に行かないと聴けないなんてもったいないです。またどこかで必ずご一緒できるはず!

f:id:miwasugawara:20170417165341j:image

打ち上げは穴場スポットに連れて行ってもらいました。最後の晩餐、みたいな絵になりました。笑。再会が本当に嬉しかったです。またお会いできますように。

photo by 響子ちゃん ありがとう!

 

2日目の徳島市に向かう道中、タイヤがバーストしました。汗!途中から高速に乗って村重さんがタイヤの調子が悪いことを確信しました。走行中、一瞬音が変わったことに気づき、瞬時に判断し、すぐに路肩に入り、タイヤバーストを確認。即座に対応。ギリギリの危険な作業。菅原は、デッカいバス来ました!とか、掛け声担当。笑。旅にトラブルはつきものですね。こんな時でも葉桜が綺麗でした。

f:id:miwasugawara:20170417165927j:image

無事に徳島ますだや洋琴堂さんに到着(4/16)。またしても再会の嬉しさに胸が熱くなりました。また歌いに来れて嬉しかったです。マスターのますださんは、村重さんの古くからのご友人で、一緒にいると当時20歳前後の2人に会えたような、でも今とあまり変わってないんだろうなぁとか思いつつ、笑、それがたまらなく良い空気で、人の歴史の一ページに触れるみたいな、そこにいる自分もなぜか懐かしさを覚え、幸せさえも感じました。

一曲、ミーワムーラの楽曲で「どれくらいの時が過ぎているのだろう」をますださんに叩いていただけて、とても光栄でした。あの心地よい間の取り方と、軽く叩いてるようで芯のあるブラシの音、素敵でいいなぁ〜。

洋子さんにもまた再会できて、歌を聴いていただけたこと大変嬉しかったです。猫さんにも会えて嬉しかったです。たっぷりワンマン演奏させていただき、本当に皆さんありがとうございました!

f:id:miwasugawara:20170417170854j:image

f:id:miwasugawara:20170417170856j:image

古くからのご友人となると、村重さんもこういった扱いなのですね。笑

 

久々の車中泊。ベット仕様バージョンにしてないのですが、荷物を移動して、斜めにギリギリ足を伸ばして寝れるポジションを見つけました。結構ぐっすり寝れます。ただ、寝袋ではあるけれど、やはり何も敷かずにコンパネの上で寝るのは硬いです。笑  

マットレスカモーン!!

f:id:miwasugawara:20170417171027j:image

スガワラ、ヤラカス。

今回の旅は何もやらかしませんように!

(すでに松山グレッチさんに携帯の充電器を忘れました、すみません。汗。)

 

関西へつづく…。

 

 

菅原ミワ

 

 

 

 

 

 

 

アイツが死んだ

夜の帰り道、車を走らせていると、自宅付近の道路のカーブのところに、猫が横たわってるのが見えた。車に跳ねられた事はなんとなくわかった。白黒の模様も見えた。すぐに車を止めた。

恐怖だった。

うちで一緒に住む猫が二匹とも白黒の模様だから、それは本当に恐怖だった。

車を降りて、その横たわった猫のところまでいく途中、いろんな事を考えた。それがうちの猫だとしたら、ルンルン気分で帰ってきた私は、直ちに絶望的になり、泣き崩れ、その亡き骸を抱き、狂ったように海まで駆け抜けてしまうのではないか、とか、それとは別に、そのまま体が硬直して立ちすくみ、カーブを勢いよく走行してくる車の急ブレーキとヘッドライトの眩しさに、ハッと我に返る、とか。たった数秒でそんなことを想像した。あの夜の海から聞こえる波の音が、まるでうなり声のように錯覚してしまうほどの暗闇がそうさせたのか、祈るのではなく、嫌な想像しか湧いてこなかった。わたしはその暗闇の中、恐怖の中、それに近づいてジッと見た。

アイツだった。想像とは違った。頻繁に我が家に忍び込み、太々しくソファに寝に来ては、おしっこをスプレーして帰る、皮肉にもうちの猫と同じような模様をしている野良猫のアイツだった。うちの猫が嫌がるのもあって、来ると追い払っていた。

「オマエ何やってんの!起きなさいよ。」と私は声を掛けた。揺すっても反応がなかった。

とても哀しくなった。

もう恐怖感は消えていた。それが一緒に暮らしている猫じゃなかったからとか、その野良猫だったから、とかではなく、それが一体何ものなのかがハッキリしたからだ。

海辺の暗い夜道、車の通りが少ないのはわかっていたけれど、カーブで見通しが悪いのもあって、アイツとの思い出に浸る余裕はなかった。すぐに着ていたパーカーを脱ぎ、それで包んでそっと抱き上げた。まだ柔らかかった。

木の根っこのところまで連れていき、土や枯葉をかき集めて、その間ずっと私は「何やってんの、何で、何で?」とブツブツ言い放ちながら、アイツを埋葬してやった。アイツは私を嫌いだったろうし、まさか接触の時が来るなんて想像もつかなかったけど、今となっては、もう先のない最後の触れ合いみたいで、もっと哀しくなったし、同時に愛おしくもなった。

少し先の我が家に戻ると、一匹の猫が玄関越しに待っているのが見えた。いつもはこんなところで待っていないのに、不思議だった。普段この時間にはあまりいないはずのもう一匹の猫も帰ってきた。二匹にその旨を伝え、諸君も気をつけるように、と強く言った。

急に忘れていたことを思い出した。今朝起きると、アイツが来て、うちの猫が脅かして追い払ったのか、アイツの白い毛と糞が床に散らかっているのを見た。驚いて必死に逃げていった様子が伺えた。野良猫の生活環境はとても過酷だ。いつだって必死に生き伸びてきた。アイツも精一杯生きた。

その後、アイツの血が付着したパーカーを風呂場で洗っていると、小さな爪が引っかかっているのを見つけた。そっと手にとり、その薄く剥がれた頼りない爪を神棚に納めてやった。

 

(ミワヨシカズ)

 

 

 

菅原ミワソロ活動

菅原ソロ活動(4/6.7.8)、終了しました。

ミーワムーラがあってこそ、一人ステージに立たせてもらえたという実感と、今後の活動に活かしていきたい想いが入り混じり、時折、閉じ込めていた羽が背中から飛び出てくるのを恐れたりしながら!(ネタ)笑。得たものが多い3日間でした。

ミーワムーラバンドセットでドラムを叩いてくれているドブロクのさっさん(佐々木孝仁)がカホンを持って駆け付けてくれて、一曲叩いてくれたり、大好きな人たちが聴きに来てくれたり、本当に自分は幸せ者だなぁと噛み締めておりました。

度々、ミーワムーラの時にご一緒させていただく染谷芽依ちゃんとは、ごりごりハウスで一緒だったんですが、私のことをブログに書いてくれたことを告げてくれて、気にかけてくれたことだけでもとっても嬉しいのに、上質な汗拭きシート、なんて、素敵な表現にうっとりしました。彼女こそ、頬を撫でるような柔らかな風みたいな歌声の持ち主ですよ。さらに卵料理にケチャップで絵を描く才能まで持ち合わせていたとは!本当にありがとうございます。

 

村重さんは、奄美大島で弾き語りフライングデバュー。還暦になったら弾き語りをやる、と決めていたみたいですが、ピアノとうたの鈴木亜紀さんからの、もう歌っちゃったらいいじゃん、の一言でソロツアーが決まった模様です。
聴きたかったなぁ〜。

 

幡ヶ谷36°5さん、越谷ごりごりハウスさん、赤羽エナブさん、こんなにお世話になっている場所で、一人ステージに立たせてくださったこと、本当にありがとうございました。いつもミーワムーラでご一緒してくれている演者さん、初めましての演者さん、お客さん、温かく囲んでくださり、本当にありがとうございました。

f:id:miwasugawara:20170409222037j:image

huenicaサチコ画伯の素晴らしいセット図。一緒に旅してきたとは思えないほどの菅原のセット図のクオリティの低さ。自分の足とマイクスタンドの足が同じです。

PAさんには、頭の上のやつ、これは持ち込みですか?笑!なーんて聞かれて、、そーですよっ!!笑 。もし、お借りしたいです、って言ったら、カウンターの上にあったくるくるパーマのカツラ渡されてたのかな。笑!

f:id:miwasugawara:20170409222059j:image

f:id:miwasugawara:20170409222048j:image

最終日、赤羽エナブさんにてヘルメッツ企画。ヘルメッツの山ちゃん、大谷さん、huenicaのさっちゃん、えのくん、リトルキヨシさん、音宿ごりら屋らぁめん隊長、素晴らしい夜、お世話になりました!

ミワちゃん、村重さんがいないとホンマよ〜喋るな〜!!(ネタ)笑、って山ちゃん!!さみしそうに、静かにしてたということで。

f:id:miwasugawara:20170409222158j:image

ごりら屋事務所にて、ほとんど今西太一さんの服を着て寝ていたので、笑! ちゃんと洗濯して帰りましたよ〜。

f:id:miwasugawara:20170409222213j:image

帰りは雨。以前、田中雅紀くんに教えてもらった雨対策で、何十リットルの袋を用意してたので、ピストルさんから受け継いたレジェンドカートに被せて、無事帰りました。事務所に傘はあったのですが、あえて母が持たせてくれたカッパを来て、駅まで歩きました。

f:id:miwasugawara:20170409222227j:image

バスでいわきに到着。駐車場に着いて車に乗ったらバッテリーがあがってました。汗!

父に連絡すると、文句一つ言わずすぐに来てくれて、作業して私の車が無事に走行することを見届けて、帰っていきました。わぁお!!

 

みんなが背中を押し上げてくれてる。

飛べーーーー!!!

 

菅原ミワ

 

 

 

〜おまけ〜

◉セットリスト←こういうのやってみたかったので。

1日目(36°5)
1.道
2.ヨタカ
3.サヨナラたそがれ(ソロ曲)
4.西陽のあたるベランダで(ソロ曲)
5.愛さずにはいられない(ソロ曲)
6.小さな歩み per.さっさん
ーアンコールー(※自分で自分にアンコール)
ふーふーふわふわ綿帽子/竹原ピストル
※自分で自分にアンコールさせてください、とわがままを言ったのに、皆さん、アンコール!って温かく言ってくださり、本当ありがとうございました。すみません!汗

 

2日目(ごりごりハウス)
1.道
2.ヨタカ
3.サヨナラたそがれ(ソロ曲)
4.西陽のあたるベランダで(ソロ曲)
5.愛さずにはいられない(ソロ曲)
6.あの日々をいつまでも

 

3日目(赤羽エナブ)
1.えなじぃ
2.サヨナラたそがれ(ソロ曲)
3.西陽のあたるベランダで(ソロ曲)
4.愛さずにはいられない(ソロ曲)
5.ふーふーふわふわ綿帽子/竹原ピストル
6.あの日々をいつまでも

 

 

 

 

 

 

竹原ピストル NEWアルバム『PEACE OUT』

ずっと持ち歩いていたくなるような、竹原ピストルさんの存在そのものがギュッと詰まったNEWアルバム『PEACE OUT』。多くの人に聴いてもらいたいです。本日4/5発売!とってもおめでとうございます📢

f:id:miwasugawara:20170406000035j:image